募金に関して
2011年05月15日 02:23
作者:竹中篤史
削除
削除パスワード

桜将

今回の地震を体験し、真っ先に頭に浮かんだ言葉は「世界の終わり」でした。 目に見えない電波に乗って届けられる被災地の凄惨な光景。 僕は恐怖し、同時になにもできない、見ていることしかできない無力感に襲われました。 それでも数日経って、悲しみの中に小さな喜びの萌芽があることも知りました。 現在も苦しい状況は続いていますが、どうか、笑顔で絶やさないでいてください。 喜びは覚え続けておくことが難しく、悲しみはいつまでも心の端っこにしがみついて僕らを眺めています。 でも、人間は種蒔く人です。喜びの種を、蒔きましょう。いつか、必ず芽吹いて、大きな花を咲かすはずです。 それが、きっと、「世界の始まり」。 復興を祈っています。

桜将